株式会社 イチイコーポレーション様

おかげさまで、お客様からも好評です。以前の事務所を知っている方からはびっくりされました。

スタッフのテンションも高く、働きやすくなったのかなと思います。

取引先や物件のオーナーさんもいらっしゃるので、イメージアップにつながればと思います。


明るく温かいイメージのオフィス空間は来訪されるお客様に安心していただけます。

株式会社 イチイコーポレーション
マネージャー 宇留野 大輔 様

外国人の方が初めて訪れる場所として恥ずかしくないよう

弊社は都内一円で、家具付きの短期賃貸不動産業を営んでおります。
ただし、弊社の場合は普通のウィークリーやマンスリーマンションではなく、主に外国人向けに付加価値を付けた物件を主に扱っております。
基本的には一ヶ月以上の契約で、企業さんの法人契約も多く、最近では、半分くらいが外国人のお客様ですね。個人の方ももちろんいらっしゃいます。

でも、大半がビジネスですね。他には、タワーマンションやシェアーハウス、学生寮なども取り扱っています。
学生寮はまるまる一棟で、中国人の学生さんがすごく多いです。7割くらいでしょうか。最低半年くらいは賃貸されてますね。

今回の改装は、事務所移転にあたって少しでも印象のよいオフィスにしようと考えました。
弊社は、外国人の方の訪日が増えた昨今、おかげさまでたいへん忙しくさせていただいております。弊社のオフィスには、賃貸契約をするのにお客様がいらっしゃいます。

これまでの事務所はLDKのマンションだったんですが、その時の印象を良くしないとって思いまして。まして、外国から来られたお客様が空港から直接いらっしゃることも多い。初めて訪れる場所と考えると「マンションの一室」って(笑)。

もちろん会社としての印象もなんですが、日本という国の印象としても大事にしないとなと思い移転改装に至りました。

全く想像もしていなかったご提案に驚きました

改装をお願いできる会社は、弊社のお付き合いで2社紹介してもらったところがありました。しかし、そんな簡単に決めていいのかなっていう思いもあり、自分でも探してみることにしました。

ネット検索でいろんな内装会社さんが出てきたんですが、私の中で一番ピンときたのがユニオンテックさんだったんです。早速、ユニオンテックさん含め3社さんにお見積もりやご提案をいただくことにしました。

ユニオンテックさんの提案には、 いい意味で全く想像つかないようなご提案だったんです(笑)。他の2社さんも一生懸命だったものの、このカタログから選んでくださいって感じで、決まりきっているような提案だったというか流れ作業的な感じだったんですね。

はっきり言うと普通の事務所って提案でした。ユニオンテックさんは、最初に私から壁面に地図が欲しいって要望してたんですけど、まさかこんなに大きい地図を提案してくるなんて(笑)。
なんとなく黒板ぐらいの大きさのを付けるだけなんだろうなって思ってたんですよね。

そういう提案をしてくださると思ってもみなかったのでびっくりしました。
他にも、応接スペースの仕切りは全面ガラスかなって思ってたんですが、実際には全く違うご提案で。
でも、どれも素直にいいなと思えたんです。その会社にあったものをちゃんと提案してくれる会社なんだなと心底思いました。
だから、ユニオンテックさんにお願いしたいっていうのはもうその時点では決まってましたね。
今思えば、なんとなくお話したときからここにお願いするんだろうなっていうのはあった気がします(笑)。

モダンでありながら、温かみの感じる内装になった

ユニオンテックさんはこちらの業務内容を把握してご提案されているなという印象が強いですね。
実際、さまざまな実積を拝見させていただきましたが、IT系だったらこんなイメージ、オフィスと店舗ではまた全然違うイメージなど、依頼主の業務を考えながらご提案されている。

さきほどもお話しましたが、壁面いっぱいの大きな地図には、大胆にブルーが使われています。
弊社のコーポレートカラーはもう少し明るいブルーなんですが、あえて落ち着いた色味をご提案いただきました。
これが、すごい温かい雰囲気になっています。家具や照明なども全体として統一感があるものを一式ご提案いただきました。
モダンでありながらどこかアットホームで温かみのある空間。オフィスにもこういうおしゃれな照明があることで、イメージは大きく変わりますね。

さらに、応接ルームの壁は角にアール。

この物件の一番のお気に入りである大きな窓がちょうど角がアールなんですが、その意匠にあわせていただいています。
日中は日差しがよくて明るいのでさらに柔らかい印象になりました。

広さは当初もう少し狭いイメージだったんですが、エアコンの位置の関係でこの広さに。
エアコンの位置を動かすのにオーナーさんの許可が出なかったんです。しょうがないのでエアコンを中に入れるってことにしましたが、結果的によかったですね。広さとしてはかなり贅沢なんですが、ゆとりがあってお客様にも印象がいい気がします。

さらにサービスの差別化を図るために

おかげさまで、お客様からも好評です。以前の事務所を知っている方からはびっくりされました。
スタッフのテンションも高く、働きやすくなったのかなと思います。取引先や物件のオーナーさんもいらっしゃるので、イメージアップにつながればと思います。

今回の改装は、ありきたりの事務所にしたくなかったんです。少し斬新さがあってもいいと思っていました。
というのも、不動産屋ってお客様とカウンター越しの付き合いが当たり前なんですが、そういうのとは差別したかったんです。
弊社が扱う物件の賃料帯は10万円を超えるものがほとんど。不動産屋以外の買い物だと大きな金額です。大金払っていただくのにカウンター越しって、おかしいですよね。そういうごく当たり前のところを改善したかった。
信頼関係ができれば、「いい物件を案内してくれるんじゃないか」って思っていただけるはずだと考えています。

これからの展開としては、日本人にはない外国人のお客様ならではの生活習慣に対応していきたいです。
国によって文化や宗教なども全然違うと、部屋の使い方が全く違うんです。
それぞれに対応し、その国、その人なりの工夫をした物件を提供しないといけないなと思っています。
単純に「部屋あります」「部屋貸します」だけではないさまざまな付加価値をつけた物件を用意して差別化をしていきたいですね。